続・関西おいしいもの♪

「関西おいしいもの♪」の続編です。 覚書程度の日々の出来事。

2017.08 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 » 2017.10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のお花

n13-09IMG_3204.jpg

◆花材 藪山査子、杜鵑草
◆花器 牛の口(籠)

秋らしく結実した藪山査子(ヤブサンザシ)、葉はすぐにカラカラになって散ってしまうので、実や枝の線を見るのがよい。
実は、意外と枝の下の方につくことが多いので、足元から実を見て、上で止めるというのも方法。
牛の口は、主体をいれたら、まずおとしが見えないように籠の中をまとめる方がよいですね。
杜鵑草(ホトトギス)は、葉が大きく籠目がまとめやすいが、左右に葉がつくので前後になるように入れ、奥行きを出しましょう。
今月も含め、秋は連休が多くて、お稽古回数が減ってしまう・・・(;´Д`)。
ちなみに、10月2日~7日は大阪高島屋で華展が開催されるので、どうぞ会場へおでましください。
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

杜鵑草 

  • 愛犬ぱぱ 
  • URL 
  • at 2013.09.26 22:56 
  • [編集]
杜鵑草の花が咲くと奥ゆかしさのある、籠に成るでしょうね。
素敵です。

コメントありがとう 

  • よりりん 
  • URL 
  • at 2013.09.27 09:20 
  • [編集]
愛犬ぱぱさん
そうですね、今は、花が咲きそろってきれいですよ。
ありがとうございます。

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2013.09.30 21:02 
  • [編集]
咲かない方が奥ゆかしです。

このブログはよりりん先生さまの
懐の大きさです!

コメントありがとう 

  • よりりん 
  • URL 
  • at 2013.10.01 02:45 
  • [編集]
名無しさん
いつもご覧頂きありがとうございます。
10月最初は大阪華展。
今年は出瓶しませんが、前期お茶席当番に行っております。

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2013.10.01 21:27 
  • [編集]
よりりん先生は
やはり
裏千家ですか?

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2013.10.01 21:31 
  • [編集]
山村御流が一般的でないのは
やはり
お茶をしておられる方たちだけのものなのでしょうか?
この質問だけには
率直に願います。

コメントありがとう 

  • よりりん 
  • URL 
  • at 2013.10.02 18:25 
  • [編集]
名無しさん
ご明察? 私は、裏千家の茶名をいただいています。
うーん、どうなんでしょうか?
山村御流は、お花の流派としては後発ですし、奈良にお家元がおられるというのもマイナー路線ですよね(苦笑)。
それに、華道に豪華さを求める方には、御流の良さはわからないかもしれません。
御流の一輪の花、一本の枝を大切にする心は、お茶に通じるものがありますし、茶花にも似ていますよね。
最近は、家の構造の変化にもよりますが、御流のようなお花は家に合わない、置く場所がないというところが増えていて、これから益々厳しい状態になっていくでしょうね。

NoTitle 

  • 名無し 
  • URL 
  • at 2013.10.02 21:09 
  • [編集]
よりりん先生さまへ

お忙しい中をお返事ありがとうございます。
何度も申し訳ございません<(__)>

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント:投稿不可です。

Menu

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼


オススメ




子ども服は楽天で!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。