続・関西おいしいもの♪

「関西おいしいもの♪」の続編です。 覚書程度の日々の出来事。

2017.09 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 » 2017.11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プーシキン美術館展

pushkin1.jpg
◎プーシキン美術館展 フランス絵画300年
■会期 2013年9月28日(土)~12月8日(日)
■休館日 月曜日(ただし、10月14日(月・祝)、11月4日(月・祝)は開館、10月15日(火)、11月5日(火)は休館)
■開館時間 午前9時30分~午後5時30分 ※土曜日・日曜日は午後7時まで(入館は閉館の30分前まで)
■会場 神戸市立博物館

久しぶりに友人と展覧会! しかも神戸!! は~っ、生き返る~(爆)!!!
引越しで親と同居になり、なんともストレスたまるわ・・・。
さて、「プーシキン展」ですが、ロシア・モスクワにある「プーシキン美術館」の逸品揃い。
フランス絵画300年と銘打ってるだけあって、ひとりひとりの作家の作品は1点とかで少ないのですが、トータルで絵画の歴史を知るという意味では、見ごたえある美術展でした。
もちろん、ポスターになっているルノワールの「ジャンヌ・サマリーの肖像」は愛らしく美しいですが、今回の私のお気に入りは、サンテールの「蝋燭の前の少女」、モネの「陽だまりのライラック」、アングルの「聖杯の前の聖母」。
3点とも光と影の美しい作品でした。
ただ、残念なことに絵葉書とか図録の写真の色はイマイチだった・・・涙。
でも、今回、私の好きじゃない宗教画も含めて、女性の顔はどれもかなり美しくて、私好みで嬉しかったw
関連記事

Comment[この記事へのコメント:]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント:投稿不可です。

Menu

最新記事 ▼

最新トラックバック ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼


オススメ




子ども服は楽天で!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。